障害者就労と職場環境及び就職活動のコツ

基本、障害者は就労意欲が強いです。
しかしながら、私も経験しましたが、障害者の就労について、日本ではまだまだ理解は低いのが現実です。
私は中途障害者で病気が原因で、障害者になったことで、元々就労していた会社を自己都合退職することになりました。
ある程度、病状がおちついたので、再就労をめざして就職活動を始めました。
障害者になって、初めて就労したのは大手不動産会社でした。
私は、もともと管理部署の畑で働いてきたものですから、その不動産会社はゴリゴリの営業会社でした。
ノルマ達成のため、営業部員の方達に与えるプレッシャーに、事務所内が凍りつく雰囲気を味わいました。
幹部の方の中には障害者の受け入れを快く思ってなさそうな方がいて、営業部員以外の社員不要論を唱えるような感じの方もいました。
パート社員の方達も、気分を害していたように見えました。
いわゆる『ブラック企業』というところだったようで、そして、会社の方針だったようです。
契約期間が1年だったので、丁度、1年で契約終了となり私も働くことが辛く喜びを感じられなくなっていたので、契約延長を希望することなく退職しました。
この経験から、今の自分には一般企業での就労は無理だと思い障害者就労に理解があり、実際に障害者が多く働いている企業に就職することを希望しました。
そして、今の会社とのご縁を得ることとなりました。
周りには、最低賃金で働くことに不満を漏らす方もおられますが、私は働くことの喜びや充実した生活を送ることを重視していますので、現在の状況に満足しています。
確かに、給料が増えることは望んでいます。
将来的には自立することを目指していますが、障害者の方で就労がうまくいかない方達に伝えたいことがあります。
特に、私のように中途障害者になり、療養生活が終了して再就職を目指す方へお伝えしたいことは、中途障害者にとって最も大変なことです。
辛いことは障害を持って、以前は「当たり前のようにできていたことができなくなる」という現実に向き合う、そして受容することです。
できると思っていることができなくなる「辛い」という気持ちは、周りには理解してもらえません。
私は、受け入れていただける会社ならどこでもいいという気持ちで就職しましたが、障害者だからといって卑屈になる必要はありません。
自分ができること、できないことを現実から目をそらさないで冷静に、自己分析をしてください。
何も考えずに飛び込んでしまって辛い思いをするのは、自分ですから職場に障害者がいれば障害者理解は多少してもらえることもあります。
しかし、障害の種類が違えば、やはり理解し合えないことが多々ありますが、私の場合、運良く同じ職場に同じ障害、似たような経験をしてきた仲間がいることで
お互いの悩み・苦しみを共有でき、非常に働きやすい環境にいることができています。
ですから、あまり行き当たりばったりで、就職先を決めないことが必要です。
本気で働きたいのなら、まずはハローワークの障害者就労を受け付けている窓口に顔を出すべきでしょう。
足しげく通って、担当の方に顔を覚えてもらうことが重要です。
私の場合、足が不自由だったので、家族にハローワークへの送迎を手伝ってもらうなど、周りの協力を受けながら現在の状況に至っています。
一時期、毎日のように通っていましたし、過去に会社選びに失敗したことも伝えました。
その熱意が伝わったのでしょうか、今の会社を紹介していただけました。
また、各自治体には障害者就労支援センターというものもありますので、そちらにも登録しておくと二段構えになるので就労への道も少しは広がると思います。
フロントエンド ポートフォリオ

シャンプー剤とドライヤーは使いません

いつの頃からかシャンプー剤を使わなくなり、それどころかドライヤーまで使わなくなったわたし。家族はそんなわたしにしきりにドライヤーだけは使うように勧めてきます。でもわたしは家族の心から願うような言葉を右から左に通すだけでまったく聞き入れない。別に意地になっているわけではありません。ただ、ドライヤーを使うことのメリットをどうしても見いだせないのです。
ドライヤーもシャンプー剤も使っていた頃は人よりも使っていました。シャンプー剤は朝も晩も使っていたし、ドライヤーもシャンプーする回数分だけ使っていて、おまけにカールドライヤーで気が済むまでブロー&セットしていたのです。若かったので髪や頭皮に異常は起らなかったけど、今それをしたら絶対に危険なことは分かっています。
シャンプー剤にお金をかけてトリートメントも高級なものを使い、美容院でもオススメのトリートメント施術を受けそして気づいたのです・・・そんなことする必要はないって事に。そんなに髪や頭皮に刺激を与えて異常が起らなかったのはある意味奇跡。髪だって肌や爪と同じ細胞の寄せ集め。薬品や熱に弱いのはわかりきっている今湯シャンとタオルドライで髪の状態に問題ありません。
イクモアプレミアサプリメント 公式サイト