葉酸の摂取方法

葉酸は、発達中の赤ちゃんとその脳を過剰な脂肪やその他の有害な要因から守る器官である神経管の正常な形成に必要です。
また、アフリカやアジアの特定の民族など、神経管欠損症の赤ちゃんを産むリスクが高い女性にも、葉酸の摂取が推奨されています。
神経管欠損症の子供は、子宮の中で生存したり、完全に発達する可能性が低くなります。
米国食品医薬品局(FDA)は、神経管欠損症で生まれた乳児には、1日あたり600μgの葉酸を摂取する必要があるとしています。
葉酸は特定の先天性障害を予防したり、遅らせたりすることができるので、妊娠していなくても摂取することが大切です。
妊娠中の方は、1日400μgの葉酸を摂取すれば十分です。
妊娠していない場合は、ベルタ葉酸マカプラスのようなサプリメントや食品で推奨量の葉酸を摂取することができます。
葉酸の摂取方法は、人によって推奨される方法が異なります。