発達障害の一つ「ADHD」が天才病と呼ばれる理由

・発達障害の一つ「ADHD」が天才病と呼ばれる理由とは?
・そもそもADHDって何?特徴や仕事選びのコツを知りたい!

大人の発達障害とも呼ばれる「ADHD」
ADHDがなぜ、天才病と呼ばれているのか?その理由について解説すると、

【理由1】個性が強く創造性に富むから
【理由2】関心ごとには強い集中力を発揮するから
【理由3】IQベースでみると平均より高い人が多いから

参考:なぜADHDは天才病と呼ばれるのか?【成功者多数の理由と適職12選】

上記の通りで、創造性と知性の両面が考えられます。

類まれなクリエイティブな才能と能力。
これらは、脳の偏り、凹凸とも呼ばれるADHDならではの特徴。

他にない特性にあって、天才病と呼ばれるゆえんです。

さらに、ADHDはそれら才能をいかしクリエイティブ系の仕事に強みあり。
例えば、エンジニアやWebデザイナーなどWeb系の仕事が向いているといわれます。

今まさに、ADHDと診断されて仕事探しに迷っている方。
将来的には職を変えて、転職したいと考える方は、ぜひ参考にしてみてください!