期間工の長期と短期の違い。メリットとデメリットについて解説!

「期間工で稼げる」というメーカー選ぶ際に気をつけたいポイントは、短期的な稼ぎと長期的な稼ぎの違いです。
短期で稼ぐと長期で稼ぐは違います。
短期 → 3ヶ月、6ヶ月
長期 → 1年以上
短期で稼ぎたい方もいらっしゃると思いますので、短期で稼ぐ方法をご紹介します。
きっちり3ヶ月働いて、稼いで、辞めるわけですから、3ヶ月の期間工は「THE期間工」と言えるでしょう。
期間工として働こうと思えば、数え切れないほどの仕事があります。
良い仕事もたくさんありますが、選び方を間違えると「ブラック企業」と呼ばれる劣悪な環境で働くことになりかねません。
短期間で大金を稼ぐ方法ですが、自分に合わない仕事を選んでしまうと仕事が続かなくなり、ブラック企業で働くことになる可能性があります。
また、本来受けられるはずの福利厚生も受けられなくなります。
派遣の仕事に応募するには、派遣会社を通して応募する方法と、直接企業に応募する方法がありますが、必ず派遣会社を通して応募するようにしましょう。
派遣会社を通しての応募には、次のようなメリットがあります。
①仕事選びや給与など、派遣会社に相談できる。
②採用される確率が高くなる。
③期間終了後、次の仕事を紹介してもらえる。
派遣会社を通して登録すると、履歴書の添削や面接対策をしてもらえるので、
直接応募するよりも採用される確率が高くなります。
また、派遣会社のスタッフは各メーカーの詳しい情報を持っているので、職場の雰囲気などを聞いたり、自分で仕事を選べない場合の相談にも乗ってくれます。
何よりのメリットは、契約期間終了後に次の仕事を紹介してもらえることです。
しかし、派遣会社に登録すれば、契約期間終了後に働ける他の仕事を提案してもらうことも可能です。
どの派遣会社に登録すればいいかわからないという方は、以下の一覧表で、派遣会社の特徴からランキング形式で比較していますので、ご覧ください。
派遣社員として働く上で、日給や月給ばかりを気にしていませんか?
しかし、基本給だけを比較してしまうと、実際にしっかり稼ぐことができるというメリットを見逃してしまいます。
派遣の特徴として、福利厚生が充実していることが挙げられます。
メーカーや派遣会社によって内容は異なりますが、以下のような福利厚生があります。
・入社祝い金
・満了慰労金
・満了報奨金
・経験者手当
・皆勤手当
・深夜手当
・家族手当
・正社員登用制度
・食事代補助
・転勤手当
・基本給に上乗せされる手当です。
毎月または更新時に支給され、一般的に40万円程度です。
支給額については、必ず手当の詳細をご確認ください。
期間工についての詳しい情報につきましては、下のページで紹介しています。
応募を迷われている方はご一読ください。
おすすめの期間工