映画マスカレードナイトについて

“ 最近見に行ったマスカレードナイトという映画について語らせて頂きます。
 見に行ったきっかけは、よくチェックするツイッターに表示される広告動画に目がとまり、非常に興味を持ち映画を見に行くまでに至りました。俳優として気になっていた木村拓哉さんと長澤まさみさんの演技に魅了されたためか、広告動画に妙に引き込まれました。木村拓哉さんは「教場」で、長澤まさみさんは、「コンフィデンスマン」で非常に興味を持ちました。東野圭吾さん原作という点も興味をそそられました。有名な作家さんなので、一度小説を読んでみたいと思っていましたが、映画で見れるのならば映画のほうがいいかなと思って見に行きました。
 仮面パーティーで、仮面をしている人の内の誰が犯人か分からないというシチュエーションにとても興味をそそられます。映画を見ていくうちに、仮面パーティーの出席者以外も容疑者に見えてきてとてもワクワクさせられました。
 出演者さん達について語らせて頂きます。
 中村アンさんの美しさとダンスに魅了されました。
 小日向文世さんは刑事なのに、なぜか怪しさを醸し出す雰囲気をうまく演じられていたと思います。
 梶原善さんはちょっと気になっていた俳優さんですが、ベテラン刑事役にうまくハマっていたと思います。
 篠井英介さんは管理官を演じられていたのですが、そのマネージャー的な役柄に雰囲気がピッタリでした。
 渡部篤郎さんの捜査一課係長の演技は、ちょっとわざとらしいかな?と冒頭感じていましたが、見ていくうちにその不自然さは、逆に説得力へと変っていきました。
 石黒賢さんはベテランホテルマンを演じられていましたがとても上手に嫌われ役を演じられていたと思います。
 石橋凌さんは、演技がちょっと・・・と思っていましたが、見ていくうちになぜか、ちょっと・・・という感じにリアリティを感じるようになり、違和感がなくなりました。
 沢村一樹さんのカメレオンのような演技には、はっとさせられました。
 麻生久美子さんは大好きな女優で、麻生久美子さんが出演していることもあってこの映画を見に行きました。個人的には「時効警察」の印象が強いのでコミカルな麻生久美子さんを見慣れていましたが、落ち着いた演技もいいものだと思いました。
 高岡早紀さんはとても自然な演技をして脇役として非常にいい仕事をしていると思います。エンドロールを見るまで彼女が高岡早紀さんだとは気づきませんでした。かなり古い映画ですが「バタアシ金魚」以来、個人的に高岡早紀さんに注目したことがなかったからだと思います。
 博多華丸さんも非常にいいかんじの演技をされていたと思います。とても器用な方だと感じました。
 最後まで見終わって、結局、自分の犯人の予想は覆された訳ですが、うまく騙されて余計に楽しめたと思います。単なるミステリーかと思いきや、ミステリー以外の要素もあり、さらにこの映画の魅力に深みを与えています。続編はあるのか分かりませんが、もし作られることがあれば、ぜひまた映画館へ見に行きたいと思います。”
侍エンジニア 働きながら