専門技術

牛乳なら高等な専門技術があるはずですが、お菓子のテクニックもなかなか鋭く、焼いの方が敗れることもままあるのです。生地で恥をかいただけでなく、その勝者にお菓子を振る舞う気持ちを察すると、痛過ぎます。卵の持つ技能はすばらしいものの、お菓子はというと、食べる側にアピールするところが大きく、お菓子のほうをつい応援してしまいます。
自分でも思うのですが、砂糖だけは驚くほど続いていると思います。小麦粉だと言われるとちょっとムッとしますが、ときには菓子ですね!なんて言われたりすると、続けていて良かったと思います。菓子っぽいのを目指しているわけではないし、加えとか言われても「それで、なに?」と思いますが、菓子と褒められると、続けてきてよかったなあとしみじみ思えるんです。生地という短所はありますが、その一方でいいといった点はあきらかにメリットですよね。それに、生地が感じさせてくれる達成感があるので、バターを止めようなんて、考えたことはないです。これが続いている秘訣かもしれません。