冷凍すると便利な食材、味が落ちる食材のはなし

セールで安くなっていたり、もらいもので食べきれないなんて事ありますよね。
そんなときに活躍するのが、冷凍です。
以外にも、いろいろな食べ物が冷凍できますが、実は冷凍はできるけど味は美味しくなくなることもあるんです。
いくつか紹介していきます。
便利・オススメな食材
舞茸
香りが飛びそうですが、すぐにジッパーつきの袋で冷凍すれば、香りは飛びません。
房を分けておけば、急な鍋や味噌汁にも香り良く使えます。
しめじ
しめじは、下の部分をとって、バラバラにして冷凍すると、汁物に使えて便利です。
ウィンナー
冷凍すると劣化しそうですが、ボイルや鍋に使うのであれば、冷凍したと感じません。
業務用スーパーでお徳用を買って冷凍すると便利です。
ちょっと気を付けたい食べ物
繊維があるもの
ネギ、生姜、ニンニク、など冷凍すれば便利ですが、シャキシャキ感がなくなって、へたってしまいます。
冷凍した場合は、汁もの料理に使うのがオススメです。
マグロ
セールで柵のまま冷凍する事ありますよね。
マグロの場合は、マイナス50℃以下じゃないと、長期保存で変色、劣化しちゃいます。
一般的な家庭用の冷蔵庫では、最低でマイナス20℃なので、温度が高いです。
劣化してしまう前に食べるのがオススメです。
えのき
えのきは、冷凍すると、完全に汁物にしか使えません。
水分が凍ってしまい、パサパサしてしまうので、キノコのなかでもあまり冷凍に向きません。
キャベツ
キャベツも冷凍で水分が凍るので、水分を切る料理に使えます。
ただ、私の体感ですが、味も食感すごい落ちます。
冷凍はオススメできませんが、冷凍するなら、みじん切りで使う料理が良さそうです。
冷凍する食材は、水気があるか、乾きものか、繊維があるか、で考えると分かりやすいです。
水気があれば、解凍すると劣化します。
乾いていれば、劣化を感じにくいです。
繊維があれば、へたってしまいます。
あなたの家にあった食材選びしてみてください。